シェアする

ゲームキャプチャーavermadia最上位機種「GC550」でらくらくライブ配信、録画!




PCでのゲーム録画やライブ配信にはゲームキャプチャーが必要!

GC550の特徴は以下の通り。メーカーHPより抜粋しました。

GC550はゲームの録画・ライブ配信用キャプチャーデバイスの最上位機種です。USB 3.0の高速 データ転送により、1080p/60fps超高画質で録画することが可能なので、PlayStation 4、Nintendo Switch、Xbox Oneなどの次世代ゲーム機の録画に最適です。HDMIパススルー機能を搭載したため、大画面ディスプレイに遅延ゼロでゲーム動画を表示することが可能。録画した動画はボタン一つでFacebookやYouTubeにアップロードできるので、手軽に世界中のゲームファンとオリジナルの攻略の映像を共有できます。

MIC/AUX入力を用意したことで、マイクからの実況音声と外部の音楽などをミキサーなしで、 ゲームの音声とミックスできます。専用キャプチャーソフト「RECentral 3」はピクチャー・イン・ ピクチャー(PiP)機能を搭載したことで、ゲーム画面に、Webカメラの映像・動画・画像・ ウェブページ・テキストなどを重ねて、録画・ライブ配信をすることが可能。ライブ配信に特化 した機能を充実しているので、ゲーム実況をチャレンジしたい人に。

簡単に言えばゲーム機の映像等は直接PCに落とし込めないですが、ゲームキャプチャーを使えば、録画ソフトと組み合わせて容易に録画や配信が出来るということです。

商品を見ていきましょう!

1080P,60fpsで配信できます。Xspitの3ヶ月無料ライセンスが付いています。

パッケージ裏には機能面の説明が分かりやすく記載されています。

本体デザインがカッコイイ。

では、開封。本体の入れ替え可能なカバージャケットはパッケージのデザインとは異なっていました。

本体下に各種コード類が入っています。

こちらは本体前面。イヤフォンジャックとマイク入力ジャックがあります。マイクは直接接続して音声を取り込むことも出来ますし、PC側につないで取り込むことも出来ます。

こちらが本体後ろ。USB、コンポーネント、HDMIのIN、OUTジャックが付いています。HDMIのOUTがついているのでモニターに繋げれば遅延なしでプレイ可能です。これがパススルー機能です。

これがPCとUSB3.0で接続した状態。接続はUSB3.0のみになるので使用するPCにUSB3.0が付いているか確認が必要です。

無料ダウンロード出来る専用は録画、配信ソフトは使いやすいのでおすすめ。

RECentral(最新バージョン:RECentral Ver 4.x)は録画・ライブ配信・動画共有をするためのソフトウェアです。「シングルモード」「マルチモード」両モードを搭載し、簡単設定で、録画、配信画面のカスタマイズができます。各種動画配信サービス(ニコニコ生放送、Twitch、YouTube、Facebookなど)のアカウントを登録しておくだけで、すぐにライブ配信が楽しめます。ピクチャー・イン・ピクチャー(PiP)、クロマキー合成、ライブ編集など、多機能に対応しているので、自分好きなレイアウトを作って配信することができます。簡単な設定で、プロのような実況者になれます。多機能ながら直感的に操作でき、初心者からプロ実況者まで、幅広く使えます!

RECentralは充実の機能で優れたソフトです。初心者でも簡単に設定や配信が楽しめます。

自分はGC550とRECentral、OBSで配信環境構築しています。