シェアする

茨城県いこいの村涸沼にあるわんぱくプールは気軽に利用出来て穴場のプールでオススメ!


茨城県鉾田市にあるいこいの村涸沼

いこいの村涸沼は茨城県開発公社が運営する宿泊施設。施設内にはパターゴルフやプール、スポーツプラザなどのアクティビティが出来る施設があります。

わんぱくプールは夏季限定オープン。

今年は7/21から8/28までの営業となっています。営業時間は9時から4時半までです。いこいの村に宿泊した方は宿泊当日と翌日が無料のようです。

ロッカーや更衣室

ロッカーは男女兼用です。1回100円で出し入れは自由ではないです

更衣室は当然男女分かれていますが、シャワールームと一体化しているタイプです。

ロッカーは利用するなら家族で1つで十分かもしれませんね。

いよいよプールへ

まずはメインとも言える1番広いプールは流水プール。水深100センチ。

流れるプールだからか、水温は低めです。小さなお子様はすぐに体が冷えてしまうかも。でも気持ちが良いですよ。

こちらは幼児プール。水深40センチ。滑り台が2台あります。

そして25メートルプール。特に仕切られてはおらず自由に遊べます。水深105センチ。

ベビープールは水深30センチ。小さな滑り台もあります。

わんぱくスライダー。幼稚園くらいのお子様に最適。

そして、チューブスライダー。これは身長120センチ以上のお子様が対象です。

プール内には売店、食堂があります。

カレー、ラーメン、フランクフルト、唐揚げ、うどん、焼きそばなんかが食べられます。

自販機も数台設置してあるので便利。食堂横には食事できるスペースもあります。

プールサイドには屋根のついたスペースがたくさんあります。

屋根のついたところの下にレジャーシートを広げ、簡易テントを展開している方が多いです。

飲み物やランチを持ち込んで食べたりしている人が多い印象です。夏休みも平日ならそこまで混雑なくゆっくり遊べます。おすすめのプールです。